瞬きしたら明日でした。

働くママがジョーカー・ゲームにハマってしまい、ママと萌えの両立方法に葛藤してる日々を綴る日記です。

感想をお送りすることについての葛藤。

以前Twitterで、同人誌の感想について結構な数でリツイートされている記事があったんですが、それがちょっと気になって、感想送るってなんだ……って変なところぐるぐるしています。

 

元記事がもう見つからないのですが、確か、「読んだ本の感想で、面白くないとか嫌いってのは良いんだけど、〇〇良かったです!って、書いてもない〇〇の事を言われて、ホントに読んだの?こっちの書き方がまずすぎたの?って時は凹む」みたいなのでした。

 

いやーすごいドキっとしましたね……(;'∀')

 

さすがに書いてない〇〇の事は書いたことないと思うんですが、これって、こういう事伝えたいってシーンかなとか、あっ、こんなこと言いたいのかなとか、色々頭の中で考えると、まぁ自覚してますけれど私は出来の良い頭の持ち主ではないので、作者さんと全然違う解釈してるかもしれん……。

あと、やはり読むのは自分の好きなキャラが絡む本なので、自分の中にある程度あるキャラクターと結びついて、こういう意味だったら良いな(願望)というのが感想に反映されてる場合があるのかもしれないと。

 

そう考えると、あれっ、こんなこと書いて送って、もしあーあ……って気分を害される結果になったらどうするんだ、手間暇かけて作った本でがっかりするとかないよな……って思って、最近感想をお送りするのを躊躇ってしまうわけです。

 

同じものが好きな方なのだから、多分地雷は踏んでいないと信じたいけれど、同じものが好きだからこそ、許容できないものもあるかもしれない……(;'∀')

 

あと、「同人誌 感想」とかでググると、トラブルのもとになっているケースもあるらしくて、私は気に入った御本を何度も読み返したりするし、その作家さんが出されたものは何でも読み尽くしたい傾向があるので(しつこい)、ああ私結構痛い読者になりそうだ……と(;'∀')(あれ、もうなってる……?(;'∀'))

 

恥を忍んで書きます。

以前、とある素敵な作家さんがいらして、その方が独自でサイトを持ってらしたので、web拍手から感想をお送りしました。

日記に、もらった感想について返信を書かれる方だったので、次の日の日記に、私からの感想への返信があって、とても嬉しかったのを覚えています。

とても多作な作家さんだったので(一日に必ず一話はアップされる)、読んで、感想、読んで、感想……って、週3くらいで感想を送っていました。

本当恥ずかしいです。いくら感想大歓迎です!って書いてあっても、本当にアップする度に送るとか、ご迷惑だったと思います。

しばらく忙しくて、サイトを拝見することが出来なかった時期に、閉鎖されていました。

もうお伝えすることもかないませんが、本当にその節は申し訳ございませんでした。

 

ということがあり、ちょっと自分でもポンポン感想おくるのどうなのって、考え直しております。

 

もちろん、御本に感想どうぞ!って書かれている方には、お送りしたいので、あまり自分意見が強くないようにさらっと送りたいのですけれど。(しかし意見のない感想ってもう凄いです!くらいしか書けない語彙の乏しさ……)

 

 

難しいな、感想……スマートに送りたい。(好きポイントお伝えしようと思うといっつも冗長になってしまう)

 

(あっ、そんなことをぐたぐた悩む私自身は、感想いただいて本当飛びあがるくらい嬉しいです。感想に返信いらないよ、って方かもしれないのに勝手に返信してます。私と意図したところと違うように読んでいただいても、そういう見方が出来るのか!って逆に勉強にもなるし大変ありがたい)