瞬きしたら明日でした。

働くママがジョーカー・ゲームにハマってしまい、ママと萌えの両立方法に葛藤してる日々を綴る日記です。

『フェノミナン』

Amazon Musicで偶然、エリック・クラプトンの『Change the World』があって、聴いていたら思い出した。この曲を知ったきっかけです。

表題の『フェノミナン』という映画の主題歌に使われています。

 

フェノミナン』主演:ジョン・トラボルタキーラ・セジウィック

ジャンルで言うと、SFラブロマンスかな?

 

これを見た当時、ジョン・トラボルタがとにかく好きで(今でも大好き)、彼の出ている作品を漁っていて見ました。

(余談ですが、キーラ・セジウィックもこの映画で知り、好きになりました。旦那さんがケヴィン・ベーコンで、そちらも有名ですよね! 十数年後、彼女を海外ドラマ『クローザー』で主演しているのを見つけて、あああの映画の人!って繋がって、凄く嬉しかったのを記憶しています)

 

簡単なあらすじ:町のみんなに愛される気の良い男、トラボルタは、気難しいキーラに恋をしている。そんな彼がある日、超能力を身に着けた!最初は、トラボルタ凄い!って言っていた町の友人たちは、だんだんトラボルタを気味悪がって避けるようになる。トラボルタのこの超能力は何が原因なのか?そして彼と、彼の恋はどうなるのか?

 

あっ、結構ありがちな設定かな~・・・って思ってみたら、最後には泣いてました。

決して派手な映画ではないのです。(『Change the World』がぴったり似合うくらいですからね)終始、静かな映画です。でも、静かなのに凄く気持ちが揺さぶられる。

優れた表現は、多くを語らずとも、見る人の心に波風を立てて胸を開かせるのです。

 

絶対ネタバレしたくないのでうまくレビュー出来ないのですがw、数々のトラボルタ映画で一番好きになりました。

でも知名度はなくって、この映画を知っている人にあったことない・・・(寂)

 

個人的には、映画の始まりと終わりの表現が物凄くいいと思う。

そういえばこの間書いたお話しも、そんな風に無意識に繋げたなぁと思い出しました。

私、原点に返るという表現が好きなのかもな~