瞬きしたら明日でした。

働くママがジョーカー・ゲームにハマってしまい、ママと萌えの両立方法に葛藤してる日々を綴る日記です。

きっかけは夜泣き。

ジョーカー・ゲームにはまりました。

きっかけは夜泣きです。

 

育休から復職して、やっと生活リズムに慣れてきたかな、という2017年冬。

世界大戦の火種のように、ひたひたとその夜泣きの始まりが忍び寄ってきました。

 

これまで全然、のび太のように寝つきの良い、夜泣きがなかった子が、なぜか2時間おきに「ぎゃー!」と絶叫する深夜1時。

・・・ねぇ明日(っていうか今日)5時起き必須なんだよ・・・って言ってもわかってくれるはずもなく、泣くたびに抱きしめてあやして、寝かしつけて、さぁ、また寝るぞ・・・の5分後に、また泣かれる。

白目でやり過ごす毎日。

 

これやばい。仕事も育児もどうにもならん!

 

一度起こされるとなかなか寝付けない私は、ストレスマッハでぐちゃぐちゃでした。

 

そして、いつしか寝るのをあきらめました・・・

 

寝ようとするからつらい。じゃぁもう、開き直ってやりたいことでもやるか。

 

と思い、夜泣き後の寝かしつけが終わってからiPhoneにイヤホンさして、アマゾンプライムで観られる動画を片っ端から見始めました。

気になってた海外ドラマとか、懐かしいアニメとか、お笑いとか。

まぁほとんど見ながら意識飛んでましたけど!

 

そこで出会ったのがジョーカー・ゲームでした。

 

ストレスマッハの寝不足の状態で観ていたので、実は全12話を見終わっても、あまり記憶に残っていないのでした(失礼)

話の途中に寝た(というか失神した)話もあるしな・・・

 

でも、機関員が全く見分けがつかないのが気になって、

 エンディングの機関員が、誰が誰だかわかるところまでは頑張ろう

と思いました。

 

それが、今思うとドはまりへの道でした。